オールインワンゲルを化粧下地として使う

○オールインワンゲルを化粧下地として使う

 

オールインワンゲルは1つで化粧水、乳液、クリーム、美容液などさまざまなアイテムの役割を果たします。
そこで注目したいのが、オールインワンゲルが化粧下地として使えるものがあるという事です。
ファンデーションの前に化粧下地をしている人は多いと思いますが、スキンケアアイテムとして使っているオールインワンゲルも化粧下地として使用することができるのです。
保湿力が高いものであれば、化粧前にきちんと水分を肌に閉じ込めることができるため、化粧崩れし難かったり、ファンデーションがお肌にピタッとくっついてくれるという利点があります。

 

・化粧下地として使うには
実際にファンデーションの下地として使用する場合は、いつものケアよりも少ない量で薄めに塗ってください。
特にべたつきを強く感じるオールインワンゲルなどは、つけすぎると逆にお化粧がよれてしまう可能性があります。
また、塗った直後は少し置いて表面を乾燥させてからお化粧をするようにしましょう。

 

・保湿効果を高めるには
オールインワンゲルを下地として使用する場合、少量をお肌に薄く延ばしたらしらばらく放置しましょう。
放置している間にお肌に水分がどんどん入り込むため、保湿効果が高まります。
オールインワンゲルの特徴は、少量でも効果を得られることにあります。
少ないからと言って十分に保湿されないとか、逆に多ければ多いほど保湿効果が高まるという事はありません。
化粧下地として使う場合は、逆に多すぎるとうまくファンデーションがのりませんので注意が必要です。

 

○オールインワンゲルを使って化粧がヨレてしまう

 

たまに聞かれるのが、化粧下地にもなるオールインワンゲルを買ったのに、実際化粧下地として使ったらお化粧がヨレてしまったという声です。
化粧下地として使う場合は、使う量がとても重要になります。
夜寝る前であれば、少々厚めに塗っても問題ないですし、お肌が眠っている間にぐんぐん水分を吸いこんでいきますが、化粧下地として使う場合は本当に少量で大丈夫です。
ゲルのため、伸びが良いものも多いです。
限りなく薄く伸ばしてあげることで、お化粧のヨレを防止します。

 

○ヨレないようにするには

 

前でも述べましたが、お化粧前のオールインワンゲルは限りなく少なくがポイントです。
また、薄く伸ばした後は少し時間を置いて、両手で包み込むように頬を押してみてください。
ベタベタ感がなくなったらお化粧OKの合図です。

 

ただ、朝は忙しいから少し時間を置くなんて無理!という方もいらっしゃると思います。
その場合は、朝起きて洗顔したら直後にオールインワンゲルを塗ってください。
その間に朝食を取ったり、着替えをしてしまいましょう。
メイクに取り掛かる頃にはしっかりとお肌に馴染んているはずです。

 

朝は時間がな〜い!という方でも、しっかり下地として使う事ができるのです。
分量と、肌に伸ばした後少し置くことを忘れないようにしましょう。