オールインワゲルのメリットデメリット

1つで全てのケアができてしまうオールインワンゲル。
今まで化粧水をして、乳液をして、美容液をして・・・とケアしていた方はビックリするかもしれません。
1つで全てのケアができてしまうのですから。
ここでは、そんなオールインワゲルのメリットとデメリットについてお話しておきます。

 

○オールインワンゲルのメリット

 

・短時間でケアできる
もちろんですが、化粧水をして、乳液をして、美容液をして・・・とケアするよりは、1つで済んでしまうオールインワンゲルは時間短縮につながります。
忙しい朝や、疲れて遅く帰ってきた夜、また子育て中で自分になかなか時間が使えないママなどはオールインワンゲルであれば手早くパパッと済ませる事ができるのでとても魅力的です。
また、お肌に良い成分がたくさん配合されているものもありますので、1つで済むにも関わらずきちんとしたケアができます。

 

・コストがかからない
スキンケアアイテムと言うと、化粧水、乳液、美容液、クリームなどたくさんのものがあげられます。
しかも、それぞれ購入しなければならないため、それなりの費用がかかります。
オールインワンであれば、多くのものがそれらの費用の半分以下で購入できます。

 

・高い効果が期待できる
オールインワンゲルが一般的になってきた今、さまざまなメーカーから販売されるようになりました。
その為、各社ともさまざまな成分を含み、高い効果が期待できるようになっています。
成分をナノ化し、お肌の深部にまで成分を届けることができるオールインワンゲルもあります。

 

・簡単にスキンケアができる
化粧水などは、コットンにしっかり含ませてある程度の力でパッティングする必要があります。
その際にお肌の奥に浸透させるのですが、力いっぱいやりすぎてもお肌を痛めますし、逆に力がなさすぎると十分に保湿がされません。
その点、オールインワンであれば簡単にケアができてしまいます。

 

 

○オールインワンのデメリット

 

・商品数が多すぎる
オールインワンゲルがメジャーになってから、多くのメーカーがオールインワン製品を販売するようになり、今や商品数は星の数ほど多いと言われています。
その中から自分に合ったものを見つけるのは容易ではありません。
しかも、サンプルを用意しているメーカーが少ないため、使ってみてどうかという事もあります。
使ってみたら違ったという事も少なくありません。

 

・分量の調整が難しい
化粧水、乳液、美容液、クリームと分かれていれば、その日、との時のお肌の状態に合わせてそれぞれの分量を調整する事ができます。
例えば、夏の暑い時期はクリームは少なめに、逆に乾燥が酷い冬の時期は大めに・・・などです。
ところがオールインワンの場合は1つ1つの分量を調整することができません。
お肌の調子が目まぐるしく変わる人は、オールインワンにプラスして化粧水や美容液などを使ってあげる必要があります。

 

・なくなったら困る
オールインワンゲルは残量がわかりやすいのでなくなる前に次を購入しておけば問題ないですが、万が一なくなってしまったらアイテムが何もない!!という事態になってしまいます。
できれば1つ買い置きをしておくことをお勧めします。